あがり症改善のための「アファメーション」

あがり症改善のための「アファメーション」

あなたは「アファメーション」という心理療法をご存知ですか?

 

メモ書き

 

「あがり症改善」という目標を実現できるように、
ぜひ取り入れたいのが「アファメーション」なんです。

 

これはとてもシンプルな方法で、
コストも一切かかりませんが、非常に強力なテクニックです。

 

ただし、人に見られるとちょっと恥ずかしかったりするので(苦笑)
一人だけの場所でブツブツ言いながらやるのがいいですね。

 

「アファメーション」というのは、
簡単に言うと「目標を声に出して読む」というものなんですが、
「そんなこと、バカバカしい」と思わないでくださいね。

 

スポーツコーチング

 

「アファメーション」は、
スポーツ界では世界トップレベルのコーチもごく当たり前のようにく取り入れていますし、
成功を目指す起業家・経営者の間では半ば常識のようにいわれているものです。

 

傍から見ると、少々怪しく見られるかもしれませんが、
世界中で使われている最もメジャーな成功法則、目標達成法と言ってもいいものです。

 

スピリチュアルな話とか、思い込みではなく、
科学的にも実証されているものなのでぜひ試してみてくださいね。

 

アファメーションを行う意味は、「脳の潜在意識を書き換える」ことです。

 

アファメーションの約束事は単純です。

 

アファメーションの約束事

 

・肯定的な文章を使うこと
・断言すること
・一人称を使うこと(僕は〜〜、私は〜〜)

 

例えば、あがり症からの脱却を目標としているならば、
アファメーションでの文章は以下のようなものに設定します。

 

・私のあがり症は必ず治る
・私は人前でも堂々と話せる。
・私はいつもリラックスして最高の状態でいられる。
・私は毎日トレーニングをがんばっているので、必ずあがり症が治る。

 

などなど・・・

 

あなた自身が「こうなりたい」「こうなったら幸せだ」
と感じることを書き込んでいきます。

 

もし「あがり症が治る」という事に対して、まだちょっと信じ切れない部分があって、
多少の疑いの気持ちが拭えないようであれば

 

「私は、あがり症が治るように努力している最中だ」
など、「途中」「最中」といった言葉をを入れると、
結果ではなく、あくまでも現在進行形になるのでスムーズに受け入れられるかと思います。

 

また、○月○日までに、○○をやる。
という感じで、期限を入れるのも効果的です。

 

期限がないと、「いつ達成するのか?」という情報が脳に伝わりません。
期限があった方が、より脳へ伝わる効果が高まるので、
期限を入れられるものには、できるだけ期限を入れておきましょう。

 

こうした文章を紙に書き、それを見ながら、朝晩声に出して読むと良いですね。
忙しければ、夜寝る前だけでも構いません。

 

一人の場でやることになるでしょうから、
恥ずかしがらずに堂々と声を張って言うことが大切です。

 

声出しでポジティブに

 

こんなに簡単で、お金もかからない、そして効果も実証されているアファメーション。
(たとえ、バカバカしいと思ったとしてもくり返すことでなにかが変わってきます。)

 

やらない手はないですよね!

 

とよだクリニック・豊田早苗監修【あがり症改善プログラム】には、
アファメーションを含め、数々の実際に効果が認められている
あがり症改善のための正しい方法が公開されています。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒ とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】