あがり症改善プログラム とよだクリニック 豊田早苗 評価 口コミ

【あがり症改善プログラム】とよだクリニック監修のあがり症改善法を徹底評価します。

 

 

笑顔の女性

あがり症を改善するだけでなく、

 

 

「その後」のことまで書かれているんです。

 

 

 

 

あがり症を改善するマニュアルは数多く販売されていますが、

 

正直なところ、この教材はちょっと「レベルが違い」ます。

 

 

 

いきなりこんな書き方をしてしまうと、
「この教材を売りたいための宣伝文句だろう?」と思われてしまいそうですが、

 

そんなつもりではないことを、この先を読み進めて確認していただきたいのです。

 

 

 

 

★とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】を購入してみました。

 

【あがり症改善プログラム】配送パッケージ 配送伝票

 

 

「配送版」で購入したあがり症改善プログラム」は、注文から3日後に梱包されて配送されてきました。
配送伝票には「冊子」とだけ書かれていますので、内容がほかの人に気付かれることはありません。
(「ダウンロード版」で申し込めば、購入後すぐにパソコンでダウンロードして見ることが出来ます)

 

 

 

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。

 

このサイトでは、心療内科・精神科の専門医である豊田早苗さんが公開した
あがり症克服のための教材【あがり症改善プログラム】を実際に入手して
内容や効果について、出来る限り公正に評価していきます。

 

 

もしあなたが、

● ご自分の「あがり症」をなんとか克服したい、
● 人前で話したり、周囲の人とのコミュニケーションを避けている自分が情けない、
● あがり症を改善して、もっと自信に満ちた明るい人生を送りたい

とお考えなら、他の教材を手にしてしまう前に、是非このサイトをご覧になってください。

 

 

 

 

 

私はこれまでに、

元●●●のアナウンサーの方が監修した、あがり症克服のDVD教材、
かつてご自分があがり症だった、心理カウンセラーの方が公開したあがり症改善のための教材、
そして、話し方教室の学院長が発表した、あがり症克服の教材、

などの内容を実際に見てきました。

 

もちろん、これらの教材もその道の専門の方が発表したものですから
十分納得できる内容でしたし、効果もある程度は期待できるだろうと思います。

 

でも、「なにかが足りない」と感じていました。

 

「何が足りないのか・・・・?」

 

この後ご説明させていただきます。

 

 

 

 

 

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】の概要

 

 

あがり症改善プログラム【購入済】豊田早苗・とよだクリニックの口コミと評価

 

【あがり症改善プログラム】テキストの一部

 

ご覧のようにテキストはとてもシンプルなもので、良く言えば「飾りっ気のない」、
悪く言えば「愛想のない」ものです。

 

個人的には、余分なイラストなどで水増しされているよりも、まっすぐな感じで好感が持てました。
「字ばっかり」という印象はありますけれど、字の大きさや行間などはとても読みやすいものになっています。

 

実は、表紙は「何も書かれていない白紙」という、本当に飾りっ気がない(なさすぎる)ものでした。
これは他人から見られた時に内容がわからないように配慮したため、との説明が前書きに書かれていました。

 

 

 

【教材のセット内容】

本編 あがり症改善編(121ページ)

 

 ・緊張や不安を3分で消し去る方法

 

 ・潜在意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法

 

 ・メンタル強化とイメージトレーニングを組み合わせた、あがり改善の方法

 

 ・本番前や本番中、緊張を抑えるあがり防止テクニック

 

 ・本番であがらない為にやっておくべき「準備」の方法

・追加テキストその1 本番にベストコンディションで挑む為のぐっすり熟睡術
・追加テキストその2 心身を健康に保つ為のストレス撃退術
・追加テキストその3 相手が聞き惚れるような声を作る!発声の練習!
・追加テキストその4 聞き手が唸るスピーチの作り方
・追加テキストその5 誰とでも気まずくなることなく弾んだ会話を続けられるコミュニケーション術
・追加テキストその6 目標をシステマチックに達成する方法、飽きたり挫折せずに継続する方法

 

 

 

 

 

とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】が、他の教材と比べて圧倒的に違う点・・・

 

 

 

不安げな女性

他の「あがり症改善」教材が、どちらかというと

 

「気にするな」
「場数を踏め」
「自分があがり症であることを認めろ」
「準備しろ」
「緊張してもいい」・・・といった

 

「心構え」や「精神論」が中心になっているのに対して、

 

豊田早苗さんの【あがり症改善プログラム】は、

 

「なにを」「どの順番で」「どうする」といった
具体的な手順を示してくれる、「手順書」であるということ。

 

 

また、元アナウンサーや話し方教室の先生が監修した教材は

 

「大勢の人前でじょうずに話ができること」
「うまくまとまった話ができるようになること」

 

に重点が置かれていて、本来あがり症の方たちが抱えている悩みに
まっすぐに向き合えていない気がしたんです。

 

だって、私たちが求めているのは「人前でうまく話せること」ではなく、
あがることを心配せずに、いつでも笑顔でいられる自分になること、ですものね。

 

 

そして、もうひとつ。

 

豊田早苗さんの【あがり症改善プログラム】は
あがり症を改善することが最終目標ではなく、
あがり症を改善して、自分の夢や希望をどう実現させていくか・・・
という、とても大事な点まで、丁寧に作りこまれていることです。

 

きっと「あがり症」に悩むあなたも
「このあがり症さえ克服できれば、あれもこれも、できるのに!」と心に秘めたものがありますよね?

 

それは、仕事や勉学、恋愛や結婚、日々の暮らし、資格、人間関係・・・色々だと思います。

 

この「あがり症を克服した後」のことまで、
夢や希望を実現させる道を示してくれているのが
唯一、このとよだクリニック監修の【あがり症改善プログラム】です。

 

 

そして、この部分が他の教材ではほとんど触れられていない部分だったんです。

 

 

教材のセット内容をご覧いただければわかるように、
テキストの本編では、即効性もあり、持続性もある「あがり症改善」の
具体的な方法が解説されていて、

 

追加のテキストで「あがり症を治した後」の夢の実現までを
丁寧にフォローアップしてくれる教材のセットになっています。

 

他の「あがり症改善」教材が、DVDやCDなどを中心としたセットになっているのに対して、
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】は文字テキストだけの教材ですが、
内容の充実ぶりは相当なものですし、価格的にも良心的に抑えられていると思います。

 

 

 
 

【サイト運営者より】

 

私は、自分の周りの方との関係を、とても大事にしたいと思っています。
両親、夫、子供、職場の同僚、先輩、友達等、沢山の方達と一緒に過ごす事が多い日々です。

 

縁あって知り合ったので、この縁を大切にしていきたいと感じています。

 

しかし、私には1つ悩みがありました。
それは、あがり症が原因で人と接する時にコミュニケーションが上手くとれない事でした。

 

相手の立場になって話を聞いたり、私自身が話したりと自分なりに努力はしているのですが、
緊張してしまいなかなか会話が続かなかったり、
ドキドキして、気の利いた返答もできずに
相手の方のご機嫌を損ねているのではないかと心配になる事が多かったのです。

 

それから私は、自分から積極的に話すのが恐くなってしまって、
友達といても自然と聞き役になってしまったりして、自分が話す機会が減ってしまいました。

 

明るい人間関係のために

 

「本当は、話をするのが好き」
「もっと周りの人達と、コミュニケーションをとりたい」

 

そういう思いは、どんどん自分の中で膨れ上がりましたが、表には出せずに時間だけが過ぎていきました。
そんなある日、一冊のあがり症改善テキストを見つけました。

 

それが、とよだクリニック監修の「あがり症改善プログラム」でした。

 

最初に私の気持ちを楽にしてくれたのは
「そんなに頑張らなくても大丈夫」
「あなたは、そのままの自分でいて良い」
豊田早苗さんのそんなメッセージでした。

 

私は、「あがり症改善プログラム」を購入して、じっくり読みました。
そして、そこに書いてある事は、素直に私の心に入ってきました。
豊田早苗さんの言葉に、とても救われました。

 

まず、気持ちを楽にできたことで人と接する時に感じていた悩みもいつしかなくなっていました。

 

もちろん多少の時間はかかりました。

 

「今日も上手く話せなかったな…」と落ち込んだ時もあります。
でも、そんな時は「上手く出来なくても大丈夫」と自分に言い聞かせています。

 

上手く出来なくても、「そんな時もあるさ」と思い、
気にしない様にしていたら本当に気にならなくなっていました。

 

そして、周りの人達とも肩肘張らずに気軽にお話を出来る様になりました。
今は、毎日がとても充実していて、楽しい日々を送っています。

 

もし、あなたが

 

「あがり症で人と会うのが苦手」
「初対面だと緊張しすぎてしまう」
「会話が苦手」
「コミュニケーションが上手くとれない」

 

と感じていらっしゃるなら、
一度豊田早苗さんの「あがり症改善プログラム」を読んで
鏡に写っている自分に話し掛けてみて下さい。

 

いつのまにか、楽な気持ちで自然体で人と接する事の出来る自分になってきますよ。

 

「あがり症」を改善した後のこと・・・

「あがり症」を克服したら、繰り返さないために気をつけること

 

豊田早苗さんによれば、
「とにかく、何事にも無理をしない、させない事。」

 

明るい表情

自分自身の精神状態や身体の事をしっかり把握して、行動する事です。
社会の人は、自分の事をよく言う人もいれば、悪く言う人もいます。
これは、例外なく誰でもある事です、

 

反省すべくは反省しなくてはいけませんが、
人を恐れず「そういう意見もあるんだ」と思って、人付き合いをする事です。

 

人はみんな心が傷ついています、何気なくその傷がうずき、
なんでもない人の悪口を言ったりしてしまいます。

 

その場では、何も言わずその後、自分自身でイメージトレーニングをしたり、
思いっきり大声を出して、いやな思い・悪い氣を吐き出すことをしてみてください。
否定的な考えより、肯定的な考えで何事も進めるようにします。

 

「これは、きっと自分のためになることに違いないから引き受けよう」
「こうなったのは、偶然じゃない。幸運の一歩だ。」の精神です。

 

 

「あがり症」が再発したときの対処(初発と異なることは?)

 

症状によって、初めに発症したようになる場合もあります。

 

豊田早苗さんによれば、
とりあえず「あがり症」が治まったかに見えても、
環境状態が悪化して、同じようになった場合は、
無理をせず「ありのまま」を受け入れることが必要のようです。

 

それからもう一度考え直して見るのです。
メンタルトレーニングから始めてみます。
日ごろ生きていれば、恐怖する事は当然のようにあります。

 

それを100%回避する事は出来ません、ですがそれに対応する事は出来ます。

 

あせらず、もし、「あがり症」が再発しても呼吸法やイメージトレーニング、
ツボ療法と続けて行ってください。時には声を出して唱えてみましょう。 
大声をだしてもいい場所で、こころの中を叫ぶのもいいです。

 

 

一時的には、薬で抑える事もよいと思いますが、薬は続けるものではありません。

 

なるべく自分自身で改善できるように、身体も心もケアーし続けてください。
人に相談することも、自分のためですから悪くないのです。